"ドリルねじ・テクス類"の記事一覧

皿D6小頭のドリルねじで一番短いサイズは?

先日、「皿D6小頭のドリルねじで一番短いサイズは?」という質問があったのでご紹介します! 【皿D6小頭 ドリルネジ(ピアス)】ドリルねじは、鉄骨造の建築物や板金加工製品などで主に用いられているねじです。 ねじの先端に金属板へ穴をあけることが可能なドリルが付属しており、ドリルねじ一本で穴あけからねじ穴作成、ねじ締めまでを行うことができま…

続きを読むread more

ドリルねじの「刃先カバー」

昨日、ドリルねじ(テクス)の「刃先カバー」のご注文がありました! 希望サイズはM4用【刃先カバー】ネジ先(ドリルネジ・タッピングネジ)用の防錆保護キャップとなりますケガ防止用・養生用キャップとしてご使用頂けます材質:軟質塩化ビニール※耐久性・絶縁性・耐薬品性に優れています今までは、サイズで色が決まってましたが(M4用は白色)、最近は、…

続きを読むread more

子供が怪我しないように、頭の薄いテクスビス(ドリルねじ)

以前もご購入された、ご近所の工事現場(ポンプ場跡地を貯水池に転用)の方から、 また、子供が怪我しないように、頭の薄いテクスビス(ドリルねじ)を探しているとのことでご来店されました。 前回は、M4のシンワッシャーのドリルビスでしたが、今回はM5がいいとのことでした。 弊社に在庫があった、「ノンヘッドジャックポイント」のM5×16で決…

続きを読むread more

六角(HEX)のテクスビス(ドリルネジ)に十字穴付き

昨日、ご近所の金物店さまより、 HEX(六角)のテクスビス(ドリルねじ)で、どうしても「十字穴(+)」付きの商品を探しているとお問い合わせがありました。 何社か探しましたが、「十字穴(+)」付きの商品が見つかりませんでしたが、 やっと発見できました!! 【AXヘクスドリルビス】 見つかってよかったです!!しかし、通常は下記のよ…

続きを読むread more

ドリルねじの刃先の長さ

たまに、お客様からドリルねじ(テクス・ピアス等)の刃先の長さを聞かれることがあります。。 そこで、今回はドリルねじについてご紹介します! 【ドリルビスの使用方法・使い方・施工方法(ドリルネジ・ドリルスクリュー)】 【ピアスPAN(ナベ)】上記の「L」から「働き長さ」を引いたものが「刃先」の長さになります また、用途別に対応し…

続きを読むread more

ドリルねじ・テクス・ピアス・鉄板ビス・セルフドリリングスクリュー等々

弊社でよく出る「ドリルねじ」ですが、お客様によっては「テクス」や「ピアス」と言う方もいます。 ドリルねじは、鉄骨造の建築物や板金加工製品などで主に用いられているねじです。ねじの先端に金属板へ穴をあけることが可能なドリルが付属しており、ドリルねじ一本で穴あけからねじ穴作成、ねじ締めまでを行うことができます。 メーカーによって商…

続きを読むread more

「デコビス」か「ビスデコ」か?

GW中に、ご新規の方からのお問い合わせで、 「デコビス」を探しているとご連絡がありました! 調べたところ、弊社の仕入先には、「ビスデコ」というのはありました! 【ビスデコ】 【ビスデコ用キャップ】 しかし・・・ ネットで検索したところ、「デコビス」もあるようです 結局、どちらか現在確認中です ※サンコーイ…

続きを読むread more

新商品 「鬼刃ピアス」

新商品 「鬼刃ピアス」のご紹介です! 切れ味は、「SUS410」のままで 「鬼刃コート」により耐食性を増したものです! いまのところ、「PAN(なべ)」か「HEX(六角)」の頭部のみになります! ※サンコーインダストリー様 / 九飛勢螺様 資料引用 ネジのことなら・・・ 小箱単位ならお安くできます…

続きを読むread more

テクス・ドリルネジ・セルフドリリングスクリューのちょっと変わった頭部形状・・・

最近、「セルフドリリングスクリュー(テクス・ドリルねじ)」で頭部形状が少し変わったものが立て続けて ご要望があったのでご紹介いたします! まずは、 【丸皿D6小頭 MRXのセルフドリリングスクリュー(テクス・ドリルねじ)】 商標名 MRX 系統 マルテンサイト系 耐食性 A 耐SCC性 B+ 硬度 A 使用環境…

続きを読むread more

丸皿(D6小頭)のテクス(セルフドリリングスクリュー)

頭が、「丸皿(D6小頭)」のテクス(セルフドリリングスクリュー:先端が刃先になった)を探していると連絡がありました。 「皿(D6小頭)」なら、いろんなメーカーが出していますが、丸皿となると探しても2社しかなかったです。。 まずは、「MRX」 商標名 MRX 系統 マルテンサイト系 耐食性 A 耐SCC性 B+ 硬…

続きを読むread more