"リベット・ピン・ベアリング類"の記事一覧

平行ピン・スプリングピン等

このところ、偶然かピン類をお探しの方の来店が続いたのでこちらでもご紹介いたします!(平行ピン)平行ピンとは2つ以上の部品を締結する際に、固定・位置決め用に使用されており、精密加工や負荷の大きい機械にも使われてます。JIS B 1354に準拠したA種(公差m6+平面取り、丸面取り)、B種(公差h7+両面が平面取り)が一般的であり、旧JIS…

続きを読むread more

樹脂ベアリング|段付きねじの役割・用途・選定方法とは?|

「樹脂ベアリング」の見積依頼がきてましたので、こちらでもご紹介いたします!樹脂ベアリングとは、部品に樹脂を使用したベアリングのことを指し、金属のベアリングが適さない場面で使用されています。 一般的な樹脂ベアリングの特長としては、軌道輪であるアウターレースと、転動体(ボール)を保持するリテーナに樹脂材を採用していることが多いです。樹脂ベア…

続きを読むread more

ノックピン(平行ピン・スプリングピン・ダウエルピン・テーパーピン)について

先日、丸棒の代わりに平行ピンを使いたいとのご要望があったので、今回は、「ノックピン」をご紹介します!ノックピンとは、複数の部品を一緒にまとめて穴をあけ、棒でつなぐというもの。ピンの種類には、両端で太さの異なるテーパーピン・まっすぐな平行ピン・C字型の断面でばねの働きもするスプリングピンといったものがある。【ノックピンの種類】(平行ピン)…

続きを読むread more

スプリングピン

昨日、「スプリングピン」のご注文がありましたのでご紹介いたします!【スプリングピン】スプリングピンとは、薄板を円筒状に湾曲させ熱処理を施した縦方向に隙間があるピンです。入れる穴はドリル穴のみでも使用でき、リーマー加工を必要としない簡易系ノックピンの一種です。 ロールピンとも呼ばれます。 形状はC型に丸めた筒状のものが多いです。 ス…

続きを読むread more

ピン打ち込みリベット「アウプリベット」、たたきリベット「ドライブリベット」「プッシュリベット」

今回は、ピン打ち込みリベット「アウプリベット」のご紹介です! 【アウプリベット】特  徴①操作が簡単で確実です。②ハンマーで芯ピンを打つだけで締結できます。他のリベットのように特殊工具や技術が必要ありません。③作業時間は穴あけを含めて一本あたり3~4秒でできます。④ネジと違い、振動によってリベットが脱落するおそれがありません。⑤足…

続きを読むread more

新規取扱い「ベアリング」(軸受)各種

今回は、「ベアリング」のご紹介です! ベアリングは日本語では「軸受」と呼ばれ、回転する軸などの摺動部分を支える機構部品の総称です。 軸受には、転動体が玉でできている玉軸受ところでできているころ軸受があります。 【玉軸受】 玉軸受は軌道輪の形状により深溝玉軸受,アンギュラ玉軸受に分けられる. (深溝玉軸受) (アンギュ…

続きを読むread more

スプリングピンの波形とストレート

いつも、スプリングピンのストレートをご注文いただいているお客様から、「波形」の注文があったので違い等も含めこちらでもご紹介します! 【スプリングピン(ストレート)】スプリングピンとは、薄板を円筒状に湾曲させ熱処理を施した縦方向に隙間があるピンです。 ロールピンとも呼ばれます。 使用方法は、スプリングピンの外径よりも少し小さな穴に挿入し…

続きを読むread more

中空リベット、工具他

「中空リベット」を納入しているお客様から、取り付ける工具について質問があったのでご紹介いたします! 【平頭中空リベット】中空リベットは中空鋲とも呼ばれる・足の先端一部が空洞になった軽い鋲のことです。 「軽い」といっても、しっかりした保持力を持っており、さまざまなシーンで利用されています。 平中空リベット 600個 ヒラチ…

続きを読むread more

POPリベット各種

先日、ご新規の方からのお問い合わせで、 POPリベットの「TAP/D64HR/LF」在庫の有無のお電話がありました! はじめて聞いた型番なのではじめ驚きましたが、検索すると仕入先で翌日には入荷可能のようでした。。 【TAP/D HR/LF】・特殊ボディ構造によりバルブ形状に座屈し、ワーク間に高い圧着力を発生させます。・HRリベ…

続きを読むread more

松葉ピン、スナップピン、抜け止めピン・・・

たまに、「松葉ピン」のご注文がありますので、類似商品も含めご紹介します! スナップピン、松葉ピンは、ボルト、パイプ等のピン穴に直線部を差込んで、回り止め、抜け止めとして使用します。また、同様の抜け止めとして使用をする割りピンは穴に差し込んだ後に開いて固定し、再使用ができません。着脱をしない箇所には割りピンを使用し、着脱の利便性を優先し…

続きを読むread more