"プラスチックねじ・樹脂製品 他"の記事一覧

ポリカ六角ボルトは透明か?乳白色か?

先日、プラスチック製の六角ボルトで乳白色を希望している方が来店しました。(希望はM4×10ぐらい)一般的な、「ポリカ(ポリカボネート)」では、サイズによって透明か乳白色か変わるそうです・・M8の場合だと、L=35以上~または、M10、M12だと乳白色になります! ポリカ 六角ボルト M4×25 (6本入り) ポリカではだめそ…

続きを読むread more

樹脂のスペーサー、パイプ

先日、お客様から「塩ビのパイプ・スペーサー」を探しているとの連絡がありました。(希望は外径5㎜、内径2.5㎜、長さ5㎜ぐらい)そこで、今回は樹脂製のスペーサー・パイプをご紹介したいと思います。。まずは、ポリアセスペーサーポリアセタール(POM)はエンジニアリング・プラスチックの一種で、耐磨耗性に優れ、自己潤滑性を持つ素材です。その特性か…

続きを読むread more

絶縁スリーブ・絶縁ワッシャーとは・・・

先週、「絶縁スリーブ」類のお問い合わせがありましたので、こちらでもご紹介します!絶縁スリーブ・絶縁ワッシャーとは、種類の異なる金属間の電位差による腐食(電触)の防止を目的とした製品です。 代表的な使用例として、異種金属フランジ接合部の締結ボルトにはめ込んで使用します。 【あす楽対応】「直送」SDC SZ20085 ステンレス電…

続きを読むread more

樹脂製化粧ねじの耐熱性?

昨日、樹脂製化粧ねじの耐熱性のご質問があったのでこちらでも紹介します!熱に強いプラスチックねじが欲しいときは…金属ねじと比べると、プラスチックねじの耐熱性はそれほど高くありません。 例えば、一般的なステンレスねじ(SUS304)だと耐熱温度が約400℃ですが、プラスチックねじのほとんどは200℃以下です。【樹脂・プラスチック性能一覧】※…

続きを読むread more

AWJ製 エラストマー樹脂カバー・キャップ

AWJ製 エラストマー樹脂カバー・キャップのご紹介です!エラストマーとは、弾力を表す「elastic」と重合体を表す「polymer」を合わせた造語であり、ゴムおよびその他常温において弾性を示す工業用材料です。 ボルト&ナットキャップ 3DアニメーションでEL ボルトキャップ&ナットキャップの特長をご紹介いたします。 EL …

続きを読むread more

樹脂製化粧ねじ「ポリカ化粧ねじ」新発売!!

通常、樹脂製化粧ねじだと、ナイロンやユリヤが一般的です!今回は、ポリカ製の化粧ねじが出ましたのでご紹介いたします!!※サンコーインダストリー様 資料引用ナイロン製に比べて、耐熱性・対候性に優れています!! ナイロン(白) 化粧ねじ [中:No.2] [ねじ部:ステンレス/生地] M4×10 ユリヤ 化粧ねじNo.2 M4xL…

続きを読むread more

樹脂製カバーキャップ【ダンドリビスキャップ・セットキャップ・KDキャップ】

今回は、樹脂製の「カバーキャップ」類をご紹介します!ボルトやナット、ビスなどの頭部に装着する化粧キャップです。取り付けは押し込むだけで、取り外しも簡単です。【ダンドリ Wキャップ】※直径14φ 厚み3.6㎜新築の押入れ棚のビス、リフォームのビス留め、家具造り、取付ビス、集成材(フリー板)の取り付けや造作家具などに使用できる。 …

続きを読むread more

プラスチック球(樹脂球・樹脂ボール)取扱いはじめました!

樹脂ボール (プラスティック球) とは、樹脂 (ポリウレタン・ポリエステル・アクリルなどの高分子化合物) でできた球状の物体の総称です。身の回りのものから医療・工業機械の重要な部品として幅広く使用されています。大きさは用途に合わせて直径数ミリメートルから数センチメートルまで幅広いです。 【ポリアミド球・ポリアセタール球・ポリプロピレン…

続きを読むread more

カラー樹脂製ねじ「FASNYつまみねじ」のご紹介

FASNYつまみねじ製品紹介FASNY®はガラス繊維と特殊ポリアミド系樹脂の複合材を素材として、高強度を目的に開発しました。軽量約1/5 ※鉄のねじと比較した場合引張強度約2倍 ※ポリカーボネートねじと比較した場合磁性を帯びない。疲労・クリープ特性に優れる。高耐性量産性に優れたワンピース構造 FASNY つまみねじ【12個】FAS…

続きを読むread more

「カークリップ」取り扱い拡充中!!

「カークリップ」のご紹介です!内張りやパネルを車体に固定するために使用する樹脂製の小さなクリップ部品。抜け止めのついた平頭リベット。標準化が実施されていない部品で自動車メーカーごとに異なる。自動車の組み付けラインでは、作業時間の短さと美観が重視される。市場での補修時の再使用や作業性はあまり考慮されず、補修等で素人が扱うと破損しやすい部品…

続きを読むread more