"木工・家具向け"の記事一覧

六角コーチボルト、十字穴付き六角コーチボルト、(+)六角アプセットAタッピング

「六角コーチボルト」のお問い合わせがあったのでご紹介します! 六角コーチボルトは、木ネジの親玉的存在です!特長●ボルト締めまでは必要の無い箇所、また木ネジの強さでは物足りない時に最適です。●頭部が六角頭なので、スパナ等で強いトルクをかけることが出来ます。●ねじ部長の目安はL寸の約2/3です。 今回は、ステンレス製でM12(長さは90…

続きを読むread more

スリムビス等々(スリムコーススレッド・スレンダービス・タピックス スリム・一番ビス)

昨日に引き続き、「木工用ねじ」の続き。。。 スリムビスについてもご紹介!! 【スリムコーススレッド】コーススレッドの径を細くしたスリムタイプで沢山の特徴が詰まったねじです。木浮きや空回りの問題を解消します。 【スレンダービス】"カット付コーススレッド"のねじ径を細くして頭部をフレキにしたのが"スレンダービス,,になります。木材…

続きを読むread more

木工用ねじのいろいろ(木ねじ、コーススレッド、軽天ビス、-番ビス、万能ビス等々)

先日、近所の金物店さまから木工用ねじ(主にコーススレッド)についてお問い合わせがあったので、こちらでも整理したいと思います!! (建材・木用に使用する“ねじ”はどのような物がありますか?)木ねじ、コーススレッド、軽天ビス、-番ビス、万能ビス、カット付きコーススレッド、スリムコーススレットパーチビス、スレンダービス、タピックス、タピック…

続きを読むread more

木ねじの最小径について・・・

昨日、「木ねじの最小径について」お問い合わせがあったのでこちらでもご紹介します! 皿頭で1.8㎜、丸頭で2.1㎜が最小径になります。 【皿木ねじ】 その他にもいろいろな木ねじをご用意しております! 【二条木ねじ】 【スリムヘッド木ねじ・薄平木ねじ】 ※サンコーインダストリー様 資料引用 ネジのことなら・…

続きを読むread more

「鬼目ナット」のいろいろ

先日、店頭に「鬼目ナット」について問合せにきたお客様がきたのでこちらでもご紹介いたします! 【鬼目ナットの施工方法】 部品強度が弱く、雌ねじを作れない部分に挿入して使用します。挿入方法は、タイプによって打込式とねじ込み式に分かれます。F・Gタイプには樹脂製ナットも御用意しております。 【Aタイプ】込むだけの高い作業性と経済性 …

続きを読むread more

「ヒートン」のいろいろ・・・内径の表示は?

お客様から「ヒートン」の内径(わっかの内側)のサイズについてお問い合わせがあったのでご紹介します! 【ヒートン】 ヒートンは、壁などにねじこんで物を吊り下げるために用いる金具の一種。英語ではScrew eyeという。 通常の表記では、「C:外径(わっかの外側)」から、「A:線径」×2をマイナスしたら内径(わっかの内…

続きを読むread more

木ネジの親玉「六角コーチボルト、六角コーチスクリュー」

今朝、営業前の8時ごろ、 「六角コーチボルト」(サイズ12×60ぐらい、400本)が 今日中に必要とのお問い合わせがありました。(会社の電話から携帯に転送) 特長 ●ボルト締めまでは必要の無い箇所、また木ネジの強さでは物足りない時に最適です。 ●頭部が六角頭なので、スパナ等で強いトルクをかけることが出来ます。 …

続きを読むread more

家具向けのナット(オニメナットのいろいろ)

お店に家具(ベッド)を持参されてきて、 この家具に入るねじ(ナット)がほしいとのことでした。。 しかも、北欧家具とのこと・・・ オニメナットが使用できそうで、微妙に形状の異なる埋め込みナットでした。。。 近所の家具の修理屋さんをご紹介しました オニメナットいろいろ ※ムラコシ様 資料引…

続きを読むread more

洋灯吊・洋折・ヒートン・ナット付洋灯吊・ナット付洋折・ナット付ヒートン・アオリ止・Cフック・Lフック・大折釘・ヒル…

洋灯吊・洋折・ヒートン・ナット付洋灯吊・ナット付洋折・ナット付ヒートン・アオリ止・Cフック・Lフック・大折釘・ヒル釘・玉付大折釘・玉付ヒル釘・玉付大折釘(ボルト型ナット付)・玉付ヒル釘(ボルト型ナット付)・打込丸鋲・打込ロープ止・太鼓鋲 真鍮製品 ・洋灯吊:AB-1 ・洋折:AB-2 ・ヒートン:AB-3 ・ナット…

続きを読むread more

爪付Tナット(オチアイ製)

爪付きナット しぼりナット(オチアイ製) ・爪付Tナット:H ・ウェルディングナット(ダボなし):WF ・ウェルディングナット(ダボ付き):WB 【ステンレス 爪付Tナット】 ※サンコーインダストリー様 資料引用 ネジのことなら・・・ 小箱単位ならお…

続きを読むread more