キッチンの水栓レバーハンドルの修理

以前に、賃貸で貸している住居の「水栓レバーハンドル」が外れてしまったというので、

業者さんにお願いして交換しました。(その時の費用は6万円ほど)

改めてその金額が相場なのか?自分で修理できるものなのか?調べてみたいと思います。。

シングル混合栓 レバーハンドルの交換

レバーハンドルが壊れても、自分で交換できるよ。

ポイントは、適合するレバーを買うこと。

レバーは純正対応だから、気をつけてね。





キッチンの水栓レバーが外れた場合、修理する方法がいくつかあります。
以下の手順を試してみてください。

①レバーハンドルのキャップを取り外す:
レバーハンドルの正面にキャップがあります。
爪や爪楊枝などを使ってキャップを引っかけて外します。
キャップは挿入されているだけなので、簡単に外れます。

レバーハンドルを固定しているねじを締め付ける:
キャップを外したレバーハンドルを上げて中を見ると、中にねじがあります。
このねじを六角レンチ(対辺3mm)を使用して時計回りに締め直します。
ねじを締め直すことで、レバーハンドルが固定され、外れなくなります。


キャップを取り付ける:
最初に外したキャップを正しい方向で取り付けて完了です。
方向があるので、注意して取り付けてください。

※水栓には大きく4つのタイプがあります。

お使いの水栓が「単水栓」「2ハンドル混合栓」なら、ほとんどの修理がご自分でできます。

「シングルレバー混合栓」「サーモスタット混合栓」は構造が複雑なので、内部までは触らないようにしてください。

くわしくはこちらまで!


キッチンや風呂、洗面台などで使われる水道蛇口(水栓)は、定期的に交換する必要があります。

交換工事にかかる費用は、依頼先ごとにさまざま。

また、蛇口の種類や設置場所によっても大きく異なるので、おおよその目安を知っておくと安心です。


機能の幅が広いキッチン蛇口(台所蛇口)は、風呂や洗面台用の製品に比べ、交換費用の幅が大きくなりがちです。
キッチンの蛇口の代表例には、次の4つがあります。
  • 混合栓(ワンホールまたはツーホール)
  • タッチレス水栓
  • 浄水器内蔵型水栓
  • シャワー付き水栓

キッチン蛇口本体の代金込みの場合、交換工事にかかる総額は次の通りです。

ワンホール混合栓20,000円~56,000円
ツーホール混合栓14,000円~32,000円
壁付き混合栓15,000円~27,000円


う~ん、相場からかなり高く支払ってしまったようです。。

ただ、賃借人さまもキッチンの水栓が使用できなく困っているようでしたので今回はコストよりスピード優先での対応となりました。
これが自宅であればいろいろ修理の選択肢の幅があったんですけどね・・・


バラ単位での対応可能です!

個人客のお客様も安心してご購入できます!!

小箱単位なら、さらにお安くできます!!!

取寄せ商品でも
だいたい納期は中1日か2日です。(メーカーの在庫状況により異なります)
「お客様の役に立ちたい!」

会社HP:
【職人さんのお助けサイト:e-NEJI.net】
【お問い合わせ先】
〒130-0023
東京都墨田区立川3-12-4
株式会社 ネジマツ
担当:松島
TEL:03-3634-7201 FAX:03-3634-7204

この記事へのコメント