宇宙ねじ

世界全体の宇宙ビジネスの市場規模は、日本円にしておよそ40兆円です。 この10年間で倍近い成長を遂げていて、このまま続けば20年後には100兆円市場を越えるまでに成長すると言われています。 そこで、「宇宙で使用されるネジ」について調べてみました! まっさきに思いつくのは「ISS(国際宇宙ステーション)」。 ISSではネジの規定は…

続きを読むread more

ランスタッチ、軽天ビス

取引のある金物店さまから、「ランスタッチ」と「軽天ビス」の見積依頼がありましたのでご紹介します! 【ランスタッチ】ランスタッチとはジャックポイントなどのドリルビスでおなじみの株式会社ヤマヒロから発売されているランナーとスタッドをワンタッチで締結する無溶接工法用のねじです。 従来ランナーとスタッドの接合は溶接で行うことが多かったので…

続きを読むread more

ケミカルアンカー(接着系アンカー)各種

ケミカルアンカー(接着系アンカー)のご注文があったのでご紹介します! (今回は、「MUタイプ:打ち込み型」ご希望) 【接着系アンカー 使用ボルト形状/施工方法】 ■接着系アンカー (カプセル方式)回転・打撃型 上記のように3タイプ(回転・打撃型 / 打ち込み型 / カートリッジ型)あります! 【接着系アンカー (カプセ…

続きを読むread more

ナベ頭と丸頭

昨日、小ねじで「ナベ頭」でなく「丸頭」をご希望のお客様がいました・・・ 木ねじでは「丸頭」が一般的ですが、 小ねじやタッピングでは「ナベ頭」が一般的です! 【ナベ小ねじ】 「丸頭」の小ねじは、M6のみでした!【丸頭小ねじ】 旧JISや(-)穴であれば、「丸頭」のサイズはいろいろあります! 【(-)丸小ねじ】 …

続きを読むread more

松葉ピン、スナップピン、抜け止めピン・・・

たまに、「松葉ピン」のご注文がありますので、類似商品も含めご紹介します! スナップピン、松葉ピンは、ボルト、パイプ等のピン穴に直線部を差込んで、回り止め、抜け止めとして使用します。また、同様の抜け止めとして使用をする割りピンは穴に差し込んだ後に開いて固定し、再使用ができません。着脱をしない箇所には割りピンを使用し、着脱の利便性を優先し…

続きを読むread more

高強度のステンレスボルト各種

昨日、ステンレスのボルトで高強度のものを探していると問合せがあったのでご紹介します! 【プレミアムステン A2-80】 A2-80強度保証六角ボルトとは、800N/mm²以上の引張力が保証された六角ボルトを示します。現在、実際に流通している一般的な六角ボルトの多くは、強度保証がされていない製品になります。 【その他の高…

続きを読むread more

小ねじやタッピンねじの材料

たまに、お客様から聞かれます・・・ 「小ねじやタッピンねじの材料は何でしょうか?」 それは冷間圧造用炭素鋼線(SWCH)です。(鉄製品の場合)SWCHとは、CARBON STEELWlREFORCOLDHEADlNGANDCOLDFORG1NGの頭文字をとったものです。S=CARBONSTEEL=炭素鋼W=WlRE=線C=COLD=…

続きを読むread more

頭部のメッキや塗装

先日、ねじの頭部塗装のお問い合わせがあったのでご紹介します! ねじは締結後、目に見える部分は頭部だけということが多いため頭部だけを塗装します。頭部に上から塗料を吹き付け、加熱して密着させる焼付塗装を施します。 焼付塗装には・アクリル塗装・メラミン塗装があります! メラミン樹脂焼付塗装は、紫外線に弱く、年数が経つと退色が生じる上、表…

続きを読むread more

小判ハトメ・合せ小判・脚付小判

先日、「脚付小判」を探しているお客様からお問い合わせがありました! 仕入先に確認したところ・・・ この「脚付小判」を製造していたところが今年4月に廃業してしまったそうです。また、同時に金型も処分してしまったとのこと・・・ せめて金型だけでも残っていれば、どこかで製造継続ができたものですが・・・ どうやら、「小判ハトメ」ならまだ2…

続きを読むread more

金型用ねじ「角スボルト」

昨日、「角スボルト」のお問い合わせがあったのでご紹介します! 【角スボルト】金型用ねじです。 ねじシャンクや旋盤の刃物台などの機械部品の締め付け固定で、あらゆる機械に利用可能です。 頭部が四角形のボルトなので四角頭ボルトとも呼ばれています。 【角スボルト ミリ】 【角スボルト ウィット】 他にも、小角や大角があり…

続きを読むread more